スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

URX3でアッパーを組んでみる


アッパーをもうひとつ作ってみました。ヤギです。

ということで、トレポンのアッパーを8.5インチで組みました。

TACTICAL・IMPACTで遊ぶために~♪




アッパーはそこらへんに転がっていたノーマルを使用

インナーバレルはバレルアッセンブリを買って、バンドソーでカット


レイルは以前から気になっていたURX3を。取り回しを考え8インチ

実・・・物・・・はお高いため、IRON AIRSOFTのレプです。


バレルはDYNAMIC TACTICALの8.5インチ(ガスブロック,チューブ付)

ハイダーはIRON AIRSOFTの556Mams Muzzle Brake Kitタイプ


それに、突起のついたレイルカバー!?を付けています。







RAS付き14.5インチを並べるとこんな感じ。

見た目、ちょっと短め。でも持ってみると全然ラク!

軽い!!!(まあ、バレルもアルミだし)


初速は0.2gで14.5インチが92m/sに対して、79m/sとやはり落ちるものの、

どうせインドアか夜戦でしか使わないから、シリンダーは供用でいいや。






ただ、このレイルにはステンのピカピカしたバレルの方が似合うかな。と、ちょっと後悔。





・・・。セットもんで買って、残されたものたち。

どうしようもない。



とりあえず、SurefireのM952Vと553のレプを乗っけて・・・











facebookを見ると、ボンちゃんさんがTACTICAL・IMPACTで遊んでいると分かったので、

1時間だけゲームして来ましたw


5戦だったか、ボンちゃんさんのTW5のいい音を横で聞きながら新しいアッパーの具合を確かめてきました。

画像ないけどね~


前回のコツンコツンと色々な所にあたる14.5インチに比べ、

スムーズにクリアリングが出来、ストレスフリーでゲームが楽しめました。


ただ、ボンちゃんさんを一回、FF・・・。まだまだ配置に慣れませんが、

逆に2人でのクリアリングは緊張しました。


平日は遅くまでやっているみたいなので、仕事終わりにでも集まってゲームできたらいいんですけどね。



ロアはKGガンコートをしてあるので、アッパーとはちょっと色違い。

また、MOVEさんに出そうかな。




最初はKACのマウントにT-1乗っけて、SurefireのM600C辺りを付けた細い銃を作ろうと思ったけど、

このちょいゴツもいいかも・・・。と。

どちらにしてもPEQ-15Aは欲しいな。






  

2014年04月13日 Posted by ヤギ  at 22:03Comments(6)トレポン M4

< 2014年04>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
プロフィール
ヤギ
ヤギ
ヤギ
ClubZipangのメンバーです。

アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
QRコード
QRCODE